本・映画レビュー

【GWでひきこもり】じっくり読みたいおすすめ長編小説・シリーズもの10選(後編)

 

あなた

・GWどうやって過ごそう

・自粛ばかりで何もすることないなぁ

・この機会にじっくり本でも読もうかな

 

このような方向けに書いております。

 

この記事の内容

・学生時代〜社会人の間で、ガチでのめり込んだおすすめの本を厳選して紹介

・ビジネス書のように小難しいことなく、何も考えずに浸れるシリーズ物や長編小説を紹介

・社会人、学生問わず楽しめる本の紹介

 

 

こんにちは、せるじお(@serjio73454)です。

さて、自粛ムードが続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

GWの大型連休も迫る中で、新しいことや、家でできることを探しているのではないでしょうか。

 

今回の記事では、家でじっくり読みたいおすすめの小説をまとめて紹介します。

 

皆様から時間をいただくのも申し訳ないので、まずはタイトルだけ書いておきます!

 

今回は後編の紹介となります。

 

まだ前編をご覧になっていない方は、ぜひお目通しくださいね。

【GWでひきこもり】じっくり読みたいおすすめ長編小説・シリーズもの10選(前編)

 

興味が湧いたものがあれば、大体のあらすじと面白さを、ネタバレがない範囲で書いておりますので読んでみてくださいね。

(レビューもご覧になりたい方はタイトル覧に、Amazonのリンクを貼っていますので参考にしてみてください)

 

大学生時代〜社会人までで夢中になった本

(前編で紹介)

空白の叫び(上・中・下の3部作)… ささいな出来事が転じて殺人を犯してしまった3人の少年の苦悩や生き様を描く。誰しも殺人犯に転じてしまう恐怖を感じる。

 

人事異動 … 主人公の新井はハイパーチート級のエリート商社マン。その苦悩と決断の半生を描く。ケータイもスマホもない時代のビジネス小説は、細やかな心理描写がより鮮明に浮かび上がる。

 

空飛ぶタイヤ … 泣ける。交通事故により人生が180度変わってしまった運送業、車メーカー、遺族の立場から描く苦悩。

 

砂漠… 大学生が何気ない日常から不思議な出来事に巻き込まれていく青春ストーリー。西嶋というキャラにドハマリします。

 

火車 … クレカ破綻から、殺人を犯し逃亡を続ける正体不明の女性を、怪我を負い休職中の刑事が迫る緊張感あふれるミステリー。

(後編で紹介)

マリアビートル … 新幹線の中に鉢合わせた殺し屋たちの、高度な心理戦と殺しが鮮やかに描かれている。

 

重力ピエロ … 泣ける。家族の絆を考え直す伊坂幸太郎さんの名作。

 

夢をかなえるゾウ … 今日から何か頑張ろうという勇気をくれる。笑いあり涙ありのモチベUP小説

 

半沢直樹シリーズ「おれたちバブル入行組」〜「銀翼のイカロスまで」

… こんな大人になりたい、こんな大人になりたくないが詰まったベストセラー。自分の信念を貫く大切さを教えてくれる。

 

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ「卒業」〜「祈りの幕が下りるとき」 … 主人公の加賀がかっこよすぎる。人々の嘘と真実について様々な心理描写が緻密に描かれた名作。人は誰しも嘘をつき、人は誰しも人に言えない孤独を抱えている

 

 

以上です。

 

 

いずれも私が大学生時代からハマり、社会人になっても愛読書としてオススメしているものです。

 

 

あなた

「たまには長編小説にトライしてみようかな」

「普段は読書しないからたまには読んでみようかな」

 

そんな方はじっくり浸れる面白い小説を選んできたので、タイトルを観て「何これ?」と気になった方はぜひ最後までご覧ください。

 

GWにじっくり読みたいおすすめ小説〜あっという間に読み終えてしまう本〜

 

それでは今回は後編ということで、残りの5作を一気に紹介いたします!

 

マリアビートル 著者:伊坂幸太郎

新幹線の中で鉢合わせた凄腕の殺し屋たちの、高度な心理戦や息を飲むような展開に目が離せない!

 

さて、前半で紹介した「砂漠」につづき、伊坂幸太郎作品です。

お察しのかたもいらっしゃるかと思いますが、伊坂さんの本好きなんですよね。全部読みました。

 

この作品は、こんなことあるか!?ってレベルでモリモリと殺し屋が同じ新幹線に居合わせます笑

伊坂先生は殺し屋とか、超能力者とか、泥棒とかを個性的に愛らしく書くのがウマすぎます。

 

 

本作は、仙台に向かう新幹線のなかで繰り広げられる高度な心理戦や静かな殺しを、緻密な情景と心理描写によって描かれた作品。

ハラハラドキドキしながら一瞬で読めてしまいます。

 

とにかく何も考えずに、「サクッと読めてハラハラする本が良い」という方にはまずオススメしたい本ですね。

登場人物の中学生「王子」はとてつもなく憎たらしく、愛らしいのですが、その結末に注目してください。

 

重力ピエロ 著者:伊坂幸太郎

家族の絆、思い出せます。日常が愛おしくなる本です。

 

このタイトル、なかなか異質なタイトルですよね。

その答えというか本質はストーリーが進むにつれてだんだんと分かってきます。

 

あらすじとしては、以下の通り。

 

仙台の街で起こる連続放火事件。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。

過去に辛い記憶を抱える泉水の二人の兄弟は、事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。

謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは。

(Wikipediaより)

 

血の繋がりのない兄弟である泉水(いずみ)と春をはじめ、固い絆で結ばれた家族の絆が切なく、うつくしく描かれています。

 

そしてそれぞれの心や過去に抱いた孤独や苦悩が、おもく重力としてのしかかっていく。

読み応えのあるストーリーながら重たくなく、気づいたらのめり込んでしまう小説です。

 

 

ちなみに、小日向文世さん、加瀬亮さん、岡田将生さんと、ぜいたくな俳優陣がそろって映画化もされています。

この本を「家族の話」とするとあまりにもチープになってしまうので、伊坂さんの作品のなかでも表現がむずかしいジャンルかと思います。

 

 

ただし、思考停止でとにかく読んでほしい!と強くオススメしたい本です。

緻密に計算された伏線、人々の心に重くのしかかる孤独、そしてストーリーのすべてに伊坂ワールドが全開です。

 

本作を読んだら、映画もいいですよ!!

⇛ 映画「重力ピエロ

 

 

夢をかなえるゾウ 著者:水野敬也

「あ、なんか頑張ろう。このままじゃいけない!」

そう思わせてくれる本です。

 

主人公は普通のサラリーマン。何者かになりたくて、何者にもなれずもがいている。

きっと社会人だれしも共感できる部分があるのではないでしょうか。

 

このなかでは「ガネーシャ」というゾウの形をしたインドの神様が登場します。

いかにも胡散臭い見た目をしているのですが、結構深いことを言うんですよね。

 

本作では過去の偉人たちが残した数々の名言が嫌味なく登場します。

そしてこのガネーシャはあの「ビル・ゲイツくんは俺の弟子だ」とか数々の偉人たちの師匠であることをぶちまくります。

 

 

いやいや、、、信じられない。あやしすぎる。

 

そんな気持ちになりりつつも、気づいたら作中の主人公に感情移入していること間違いなし。

 

何か日常を変えたい人が、何から変えたらいいんだろう?

そういった漠然とした悩みに対して、少し背中を押してくれる本になるのではないでしょうか。

 

 

主人公が自らの殻を破り成長していく過程や、読んだあとの爽快感はクセになります。

 

ちなみに3部作になっていますが、個人的にはこの1作でお腹いっぱいかなと思いました。

ぶっちゃけ、2,3作目はあまり刺さらなかったんです。笑

 

 

半沢直樹シリーズ 著者:池井戸潤


「自分の信念を貫ける大人になりたい」「自分に嘘をつく人間にはなりたくない」

そのような信念の大切さを教えてくれる名作です。

 

かの名ドラマとして「倍返し」が大ブームになりましたね。

小説のタイトルがわかりにくいのですが、「あの半沢直樹」シリーズです。

 

実は、本作が私にとって、初めて読んだ池井戸潤さんの作品でした。

 

池井戸潤さんの本て、金融系を扱っているイメージが強かったんです。

業界が全く異なる私が読んでも、ついていけないのではないか・・・と敬遠してきました。

 

 

ぶっちゃけ、かなりもったいないなぁと反省しています。

 

池井戸潤さんの本は、その業界にいなくとも、かなり理解できる内容になっています。

金融というすこしお堅いイメージを払拭し、サラリーマンたちの奮闘が鮮やかに描かれています。

 

 

金融業界で働いていなくとも、自然と自分もその業界に詳しくなったような感覚になるんですよね。

半沢直樹と同じオフィスにいる感覚にすらなります。

 

 

おそろしや、池井戸マジック。

そしてなにより、主人公の半沢直樹の魅力。

 

こんな人いるのか!?ってくらい自らの信念を押し通して、周囲とは対立をしまくって孤軍奮闘しています。

仲間に助けられ、危機的なシチュエーションにおいても幾度と脱して、自らの信念を貫くんです。

 

「こんなかっこいい大人になりたい」

「自分の信念に素直に生きていきたい」

 

そういった方には秒速で読めてしまう素晴らしいシリーズです。

 

思わず本を持つ手に力が入るほど、敵対する相手との心理戦はこころ奪われます。

その場にいるかのような臨場感と、心理戦は必見です!

 

 

加賀恭一郎シリーズ 著者:東野圭吾

加賀恭一郎、ここからはじまる。

 

東野圭吾さんの大人気シリーズ「刑事 加賀恭一郎」が登場する原点です。

 

まだ学生のときの加賀恭一郎を描いた作品。

少しずつ刑事の加賀恭一郎としての片鱗が見えてくるのが、今後のストーリーへの期待感をさらに煽ります。

 

大学生のときから頭脳明晰で、剣道一筋のストイックな主人公、加賀。

 

私は普段ウイスキーの紹介をしているため、このシリーズ内で数々の「バーボン」がさり気なく登場するシーンにわくわくしてしまう。

 

 

加賀=阿部ちゃんのイメージがすっかり強くなってしまい、セリフひとつひとつがすべて阿部寛の声に聞こえてきます。

 

 

なお、本シリーズではあまり描かれない加賀の恋愛模様も甘酸っぱく描かれているのも注目!

次回作の「眠りの森」でも恋愛要素は描かれていますが、本作にも注目してみてくださいね。

 

 

加賀がいかにして「加賀恭一郎」として刑事として成長していくのか。

そのストーリーが生まれていく片鱗をのぞくことができます。

 

 

なお、この加賀恭一郎シリーズで一番オススメなのは、「どちらかが彼女を殺した」ですね。

嘘を貫き殺人を犯したのはだれなのか?最後までハラハラする加賀恭一郎シリーズの中で最高傑作です。

 

個人的には一番オススメなのですが、私自身「卒業」から一気にハマったので、ぜひ「卒業」から一気読みがおすすめです。

 

同シリーズの「新参者」はドラマにもあり、「祈りの幕が下りる時」は映画化もしました!

 

【GWでひきこもり】じっくり読みたいおすすめ長編小説・シリーズもの10選(後編) まとめ

 

いかがでしたか。

今回紹介したものはシリーズものも含まれているので、かなり読み応えはあります。

 

しかし、アメリカのドラマ感覚でシリーズ物の中でも一気に読めるものを選びました。

 

読み応えもありますが、読んだあとの爽快感、達成感は病みつきになります。

また、「もう一度読みたい!!」と思わせてくれる名作揃いなので、本腰を入れて小説を読みたい!という方はぜひこの機会に読んでみては?

 

(おまけ)GWにおすすめ映画 Amazon Prime

映画、本、色々あって迷う!

 

という方は、Amazon Primeでおすすめの映画をYou Tubeで紹介しています。

 

ぜひ優雅で楽しい、自由な休日をお過ごしください!

 

 

せるじお

 

 

-本・映画レビュー

Copyright© せるじおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.